今だからこそ太陽光発電を選びませんか?

4月から電力自由化が始まります、電力自由化により太陽光発電はどうなるのか、今から始めるとどうなるのか、見ていきたいと思います。まず太陽光発電の一番のメリットとして余った電力を売れるという点があります。

余剰電力買取制度という制度ですね。これにより現在では東京では約15万円もの利益が出ると言われています。それが電力自由化により電力を売る相手を選ぶことが出来るようになります。

これにより売る市場も価格競争が発生し価格が高騰する可能性が考えられるのです。

次のメリットですがやはり太陽光で発電するということは自然のエネルギーを使って発電するのでとてもエコです。そして一度設置するとメンテナンスはほぼ必要ありません、そのままずっと使用できるのでそこもエコですよね。

それと屋根にパネルを設置することにより熱を遮断してくれるので夏などは遮熱効果が期待できます。遮熱効果によりエアコンのパワーを下げることができるのでそこもエコポイントだと思います。

それと災害や停電などの時電力会社を通さず自家発電した電気を使って運用できる自立運転機能も便利ですね。

停電の機会も昔に比べるとだいぶ減りましたがやはりこの機能があるとないとでは安心感が違いますよね。

ですがこの自立運転、使えるのは太陽が出ている昼だけという点は注意が必要です。夜間や雨の時は発電量が少ないのでこの機能は使用できません。

このように太陽光発電にはデメリットもあります。やはり天候に発電量が左右されてしまうのが一番のデメリットです。雨や雪の時もまったく発電しないということはないのですが発電効率は極端に落ちてしまいます。

ほかにこれは勘違いしている人が結構いるのですが発電した電気は溜めておくことは出来ません。発電し次第電力会社に売却するのが現状です。

このように太陽光発電にはメリットとデメリットがあります。ですが電力自由化により電気の需要は上がることが予想されます。太陽光発電を考えている方は今こそ選ばれてみてはいかがでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です