今後、太陽光発電の普及が見込まれます

今はまだそれほど普及しているという印象がない太陽光発電なのですが、今後10年20年という期間を考えると相当普及するのではないかなと私は予測しています。既に太陽光発電所というものが存在していますし、また個人住宅レベルでは屋根の上に太陽光パネルを設置してそれで家庭内の消費電力を賄っているという例もあるはずです。つまり既にビジネスとして成立しているという事なんですね。

どんなものでもそうですが、普及するに従って価格が安くなるという法則があります。例えばテレビやパソコンなども最初は高級品で、誰もが気軽に購入できるものではありませんでした。しかし、世界中の人がそれを買うようになり、大量生産が進むようになると自然と価格も下落してきましたよね。ですから今現在、やや高いという風に思われている太陽光パネルも使い出す人が増えるに従って劇的な価格の低下が見込まれるはずなのです。

今現在、火力や天然ガスなどと比べて効率があまりよくないとも言われていますが、その立場が将来的に逆転するのはほぼ間違いのない事でしょう。一度その様な流れが起きた場合、それを止めることは不可能に近いことだと思います。ただ、そうなるまでに後どれぐらいの期間が必要になるかという事は、まだハッキリとはしていません。それが早くなるか遅くなるかというのは今の私達の消費の仕方というのが大きく影響してくるはずです。当然ながら利用する人が多ければ多いほど早く価格は下がっていきます。

現在はパネル型が多いですが、おり曲げることが可能なタイプのものが増えてくると更に使える範囲が広がってきます。あらゆる壁が発電所の様な存在になり、電力をただの様な感覚で使えるようになるかも知れません。太陽光を電力に変換するエネルギーの割合も年々効率が高まっているので期待が持てるでしょう。その勢いを更に進めるためにも多くの人達が太陽光発電を利用すべきではないかと個人的には考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です