太陽光発電のメリット、デメリットとは?

最近のエコブームで注目される様になった太陽光発電、家の屋根に太陽光パネルを見ない家も少なくなってきました。
そこまで太陽光発電は導入するメリットはあるのでしょうか?

太陽光発電は、家で発電を行う場合、風力発電や水力発電より発電方法として導入しやすいユニットとなっています。
太陽光発電では風力発電の様にモーター音が気になったりする事もないので騒音被害が皆無な発電方法です。

太陽光パネルは1パネルから設置することができる為、場所を選ばない自由度の高い自然由来の発電ユニットとなっている為、屋根は基本的に雨風を凌ぐスペースですので屋根にびっしり太陽光パネルを設置することも出来ますし、アパートやマンションといった不特定多数の人が集合している所でも頂上に太陽光パネルを設置している施設も増加の傾向にあります。

また、設置の費用が昔に比べて安価で太陽光発電の構造はシンプルで簡単に設置する事が出来るため、業者に任せずに自身で設置する人も少なくありません。
設置を自身で行うことで太陽光パネルとコンバーターのみの出費だけなので、気軽に発電を行うことができます。

構造の簡単さが功を制していて、メンテナンスも他の発電機よるも比較的に簡単な仕組みとなっています。発電機や発電した電池の寿命も最大15年ほど持つ為ランニングコストにも優れています。

しかし、太陽光発電は天候に左右されてしまう為日本独特のシーズン(梅雨入りや冬シーズン)には発電する事があまり出来ず発電量が不安定になります。
また、自由度のある太陽光パネルですが増やした分の変換効率は一緒の為、パネルのみの増設だと全く意味を持たないこともあります。

それに太陽光発電機を一度設置してしまうと、アパートやマンションの大家さんの提供なら安心出来ますが、自身が好んで設置した場合引っ越しをする際にトラブルになりやすくなります。

太陽光発電では残った電力を売買する事もできメリットも沢山存在しますが、後の事も考えておかなければなりませんね。

太陽光発電の査定から売却・譲渡までサポート!太陽光発電所 売買デスク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です