電力自由化に伴う太陽光発電のメリットとは

2016年になってから何かと世間を騒がせているのが電力の自由化です。

電力は今まで関西電力や東京電力といった地方の電力会社が供給していました。
というのも一般企業の参入及び電力の取り扱いを禁止されていて、地方電力会社が各県を管轄として管理する事で安定した電力を消費者に供給する事が実現していました。

しかし、消費者は電力会社を選択することが出来ない為、一方的な値上げや節電に協力的に行ってきましたが2016年、そういった一方的な値上げ等の黒字経営では社会として堕落してしまう為、電力会社も競争社会とし電力の自由化を4月から行われることとなりました。

電力の自由化により、消費者が良い条件としている電力会社と契約する事が出来るので、家計を圧迫され続けてきた方には良い事かもしれませんね。
ですが、電力の自由化に伴い新規参入の会社が増加する事が予想されていて、果たして安定した電力を供給する事が出来るのか問題ともなっています。

自由化前の地方電力会社では、電力を安定して供給する事が義務化されていたので節電等でもメディアを通して呼びかけていました。それに対して自由化に伴い義務化もなくなってしまう為、安定供給の心配が問題となっています。

その中で一躍話題になってくるのが太陽光発電で、電力の自由化に関係なく家の電力を太陽光によって供給する事が出来るので、安定しない場合でも安心する材料にもなります。
設置が容易でメンテナンスも簡単なので、自由化の前に太陽光発電を家に設置している消費者も少なくありません。

また、太陽光発電は貯めた電気を電力会社に買い取ってもらう事が出来るのですが、電力の自由化が行われるとより高い値段で太陽光発電で貯めた電気を買い取る業者も増加する事が予想される為、一種にビジネスビジョンとしての可能性にもなってきます。

とは言え、まだ太陽光発電自体の認知度も低く業者での設置、セット買いすると値段が高いので、今後電力の自由化で消費者が困惑する事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です