非常時の備えとしての太陽光発電

地震や台風など自然災害が発生すると、家庭への送電がストップし長時間電気が使用出来ないということもよくニュースなどで目にすることがあります。

実際東京や大阪など都心部であってもこうした停電が起こりえますし、地方でもライフラインである電力の停止は生活に大きく影響します。

特に真冬や真夏などは電力が止まることによって計り知れないデメリットが生じますが、最近ではこうした非常時の備えとしての太陽光発電が注目されています。

具体的には太陽光発電の自立運転機能を利用して停電時の電力をまかなうというものですが、ここでは非常時に太陽光発電がどの程度役に立つか見ていきましょう。

まず災害などの非常時には情報を得るということが重要です。台風ならば避難情報なども当然気にする必要がありますし、地震の際には余震や避難場所などこうした情報が生死を分ける貴重なものとなります。

そのためラジオやテレビ、また最近ではスマートフォンなどを最低限使用出来るかどうかが大きな分かれ目になりますが、太陽光発電の自立運転機能ならば最大1500Wの電力を使用することが可能です。

例えば先に挙げたテレビの場合には消費電力が平均で150Wなので十分まかなうことが可能で、その他のラジオやスマートフォンの充電も無理なく行うことが出来ます。

こうした太陽光発電の自立運転機能による電力は、普段の電力よりも不安定なのでパソコンや録画機器など継続的で安定した電力が求められる電化製品は難しいですが、非常時に最低限求められるテレビやスマートフォンの充電、さらには扇風機やこたつなど暑さ寒さをしのぐ電化製品も十分使用することが出来るので、体力の弱い高齢者や赤ちゃんがいる家庭などには非常にありがたいものになります。

このように震災以降から防災意識に対しての姿勢も大きく変わりましたが、非常時のライフラインとなる電力に関しては電力会社に頼るだけでなく、太陽光発電などで備えることが出来るので、ぜひ一度ご検討下さい。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です