新築一戸建てなら太陽光発電を導入したほうが得になるこれだけの理由

もしあなたが新築一戸建てを購入することを検討しているならば、太陽光発電システムの導入を検討することをお勧めします。

太陽光発電にはデメリットもないではありませんが、そのデメリットを補って余りあるメリットを享受することができるからです。

新築一戸建てに限ったのは、太陽光発電パネルは重量が重いので従来の住宅に設置するには補強工事が必要があったり、そもそも太陽光発電を導入できないこともあるからです。

もちろん、マンションでは初めから太陽光発電が設置されているのでなければまず設置することはなかなか難しいと思われます。

太陽光発電を導入することによって得られるメリットは金銭的な面が魅力です。太陽光発電を導入することは初期費用はかなり高額になってしまいます。

しかし、太陽光発電はランニングコストやメンテナンスコストはあまりかかりませんので、初期費用の分が償却されれば、償却の後はプラスばかりとなるのです。

その初期費用も以前と比べれば太陽光パネルの価格の下がってきたことなどから安くなってきています。初期費用が安くなれば償却の時間も短くなりますから、得になる金額も増えていきます。

太陽光発電によって発電された電力は自宅で利用することができますから、光熱費は劇的に減少しますし、余った電力は売電することができます。

しかし、余剰電力の買取価格は下がる一方なので売電で得られる金額にはあまり期待しないほうがいいでしょう。

最近の傾向では太陽光発電の導入のための初期費用は10年から長くとも15年程度で償却できるようですし、太陽光パネルの耐用年数は20年以上あると言われていますので、金銭的な魅力は非常に高いと言えます。

もう一つの太陽光発電の大きなメリットはエコに貢献できることです。太陽光という無限にあるエネルギー源から作り出される電力は究極のクリーンエネルギーです。

クリーンエネルギーを自宅で作っているという意識は悪いものではありません。